目の下のたるみは治療できる|コンプレックス解消

婦人

ナチュラル美人を目指す

2人の医者

人気の美容整形で注意すべき点は、クリニック選びとカウンセリングです。最近の整形はナチュラル志向がトレンドです。現在の良い所を活かした施術で印象アップを狙います。メスを使わないプチ整形はこの流れです。心斎橋にはこうしたナチュラル整形に対応するクリニックが多数あります。

詳細

アヒル口の形成法

カウンセリング

神戸の美容整形外科では、ヒアルロン酸注入によるプチ整形で、可愛らしいアヒル口を形成することができます。施術時間はわずか5分程度で終わり、麻酔液が入ったヒアルロン酸を注入するため、痛みは大きく軽減されています。施術代は10万円程度で、約1年間にわたって効果が持続します。

詳細

眼窩脂肪と皮膚を両方処理

目元を触る人

押し出された眼窩脂肪

目の下のたるみは、本来皮膚に押し込まれているはずの眼窩脂肪が、皮膚が伸びることで押し出されてくることで生じます。眼窩脂肪が原因ですから、これは美容外科では、眼窩脂肪を切除するという方法で治療されています。しかし切除すると、眼窩脂肪による膨らみがなくなる分、目の下がくぼむことがあります。また、伸びた皮膚が残っているので、それが垂れ下がってくることもあるのです。そのため昨今の美容外科では、ハムラ法と呼ばれている新しい治療がおこなわれるようになっています。ハムラ法では、眼窩脂肪を切除するのではなく、内部へと押し込みます。その上で伸びた皮膚を切除するので、眼窩脂肪が目の下に押し出されることも、皮膚が垂れ下がってくることもなくなるのです。

施術の具体的な流れ

ハムラ法は具体的には、下まぶたのまつ毛の真下を切開することでおこなわれます。切開した上で、メスを内部に入れていき、皮膚と眼窩脂肪とを分離させるのです。そして眼窩脂肪を押し込んだ状態で、糸と針とで縫いつけて固定します。その後、切開した部分の皮膚をある程度切り取ってから、縫合して完了となります。たるみの原因となっていた眼窩脂肪と皮膚の両方を処理するという治療なので、これによりたるみは完全に解消されます。また、眼窩脂肪はしっかりと固定されるので、治療後にたるみが再発することもありません。このハムラ法は、下まぶたの裏側からおこなわれることもあります。結膜側を切開するので、目の下に傷跡が残らないことから、注目されています。

より高い効果を得るコツ

鏡を見る人

フォトフェイシャルは、信頼できる医師と最新の設備を備えているクリニックで受けるのが一番です。そのため、ホームページや東京のクリニックの口コミを調べて、最新のマシンがあるかどうかを確認すると、より高い効果を得ることができます。

詳細